男性専用車両について

先日痴漢の冤罪かどうかはわかりませんが、取り押さえられようとした男性が京浜東北線の線路を伝って逃げたという事件がありました。 そこまで必死になっていたのは、男性には女性に痴漢をしたという意識がなく、つまり冤罪だった可能性があるのにもかかわらず 一方的に同行を求められていたためでしょう。 日本では一度痴漢で捕まると車内のカメラで撮影されていた映像などよほどの物的証拠でも無い限り逆転無罪を勝ち取るのが 難しいというおかしな国です。 女性を保護するためとはいえ過剰に反応してしまうのはいかがなものかと思います。 そう考えると女性専用車両ではなく男性専用車両を用意したほうが手っ取り早いと思います。 それだったら絶対に加害者は生まれないでしょうから多少男性の尊厳が傷つけられるようなことがあったとしても 犯罪者に仕立てあげられるよりかははるかにマシです。 中には和解金を受け取るために仕組まれた事例もありますし、一刻も早く思わぬ加害者が増えない制度を整えるべきでしょう。脱毛サロンカクヤス大辞典で近くの脱毛サロンを案内中